ローン契約ができないときに

事業資金をローンで調達できないときに役立つのがファクタリングです。ファクタリングは商品によって性質が異なるため、選ぶときは目的にマッチしているか確認してください。少額の売掛金の買取に対応、3社間・低費用で調達可能、SOHOなどの個人事業主も利用できる、などの特徴があります。すべての商品に共通するのは担保と保証人が不要で、信用情報機関の履歴をチェックされないことです。そのため他社の借入・税金の滞納などがあっても利用できる可能性が高いです。

またローンの審査に通過する自信がある場合でも、審査に時間がかかって間に合わないという状況ならファクタリングを利用する価値があります。売掛先にファクタリングを利用する旨を知られてもよい場合は、手数料が安く抑えられる3社間ファクタリングがおすすめです。売掛先に内緒にしたい場合は、手数料は高くなりますが2社間のサービスがよいです。

怪しいファクタリングを避けるために

ファクタリングには金利の設定はありませんが、その代わり手数料がかかります。売掛金1,000万円を例にすると、手数料5%なら50万円、10%なら100万円の手数料になります。ファクタリングの手数料は5~30%くらいの差がありますので、ここはよく比較してください。運営実績が豊富にあるファクタリング会社は、一般的に低い手数料を設定していることが多いです。悪徳業者の場合は手数料を不明瞭にしていることが多いので注意してください。怪しい会社は会社概要が不明瞭、対面審査を避けるなどの特徴がありますので、これらに該当する会社は利用を控えるのが得策です。会社の住所や電話番号、代表者名すら公式ホームページに記載されていない場合は危険です。

事業資金が必要な場合、銀行での借り入れ、国や自治体が行っている補助金の活用、クラウドファンディングで出資を募るなどの方法があります。