審査に時間がかからない点が魅力

法人で使うカードにクレジットカードではなく、デビットカードが好まれています。銀行口座の残高を超えて利用しない安心感と、審査に時間を要しない点が人気になっている理由です。デビットカードの利点に、使用上限をネット上で設定できる部分があります。出張の際にカードをもたせるにも、利用限度が設定されていることは、大きな安心につながるからです。

クレジットカードの申請には、審査に時間を要するケースが珍しくありません。デビットカードであれば、審査に時間をかけることもなく、すぐに発行することが可能です。審査の流れも簡潔で、金融機関によっては即日発行も可能になっています。

法人向けデビットカード申請の流れ

法人向けデビットカードを申請する場合は、多くのケースで金融機関のホームページからの申し込みが可能となっています。申請時に必要な書類には、事業内容が分かる書類、履歴事項の証明、代表者の印鑑証明など、揃えるにあたって難しい書類はありません。審査には、決算書など財務に関する書類の添付の必要はなく、殆どの場合で、申請してから一週間程度でカードが発行されます。

業務を進める上では、決済が必要になる場面は訪れるものです。社員に小口で使える現金を持たせるよりは、デビットカードを渡したほうが安心です。デビットカードとは言っても、クレジットカード同様に、国内外の多くの加盟店で使うことが可能です。海外へ出張に出向く際には、社員に持たせるカードに選ぶのも良いでしょう。

法人のデビットカードを使うと、カード会社の特典を受けられたり、海外の商品購入をスムーズに行うことが出来ます。